ブランド戦略とはなにか?

ブランド戦略とはなにか?

マーケティングには、さまざまなアプローチから消費者や顧客に製品やサービスを購入してもらうために戦略を立てます。それは価格であったり、広告やプロモーションであったり、顧客にとっての利便性であったりとさまざまな考え方から企業は戦略を考えます。その中にブランド戦略というものがあります。マーケティングはただモノを売るための方法論ではなく、市場を分析し、どんな商品を開発して、どのように売るかを考えること全体を指します。目指すのは、市場を開拓して、その市場における需要や供給をコントロールすることです。そして企業がマーケティングによって成長することを目指します。そこには、商品やサービスを売ることによって顧客や消費者に認知させ、企業価値を高めていくことでもあります。それがマーケティングにおけるブランド戦略なのです。そういう意味でこのブランドを育てていくということは企業にとって重要なファクターとなります。ブランドとは顧客にとって信頼できるもので、ブランドモノという言葉の中には「品質が高い。メーカーがしっかりしている。アフターフォローがいい。」といったポジティブなイメージを連想するものです。また商品の機能性や利便性だけでなく、「持っているだけで満足」といったような所持するだけの喜びも与えてくれるものでもあります。高級外車をあまり乗らないのに所有するお金もの心情はそこにあります。その意味で企業が掲げるブランド戦略を知ることはマーケティングにおける重要な学びとなります。