ブランド戦略事例1 レクサスの誕生

ブランド戦略事例1 レクサスの誕生

日本はモノづくりの国であり、家電やカメラなどさまざまなものを製造していますが、自動車づくりも世界に冠たるものがあります。その中でトヨタが北米市場に向けておこなったブランド戦略は象徴的なものがあります。トヨタといえばもはや日本の自動車メーカーとして世界に名だたるエクセレントカンパニーですが、レクサスが生まれる前の北米では高級車を創るメーカーとしての認識にかけていました。それにアメリカはそもそも大きくてビッグなクルマが成功者や富の象徴というような文化を持った国です。機能性や安全性、燃費などはあくまで二の次でした。トヨタ車は機能的で故障が少ないけれど、高級車ではなかったのです。そこで生まれたのが、「レクサス」ブランドです。つまり高級車としてのブランドを北米で勝ち取れなったトヨタは、新たに「レクサス」というブランドを生み出したのです。このブランド戦略は成功し、アメ車にはない、低燃費、高品質な機能的な高級車としてニーズを勝ち取ることができたのです。今では北米だけでなく欧州や日本国内でも確固たる地位を築いたレクサスにもこういった戦略の元に誕生した歴史があることを忘れてはなりません。ブランドのないところからブランド創出する典型的な事例といえるでしょう。