アップルコンピュータのブランド構築事例

アップルのブランド戦略事例

今やiphoneで世界を圧倒している「アップルコンピューター」。

 

圧倒的なシェアを誇るiphoneはなぜそこまで世界中の人たちに受け入れられるのでしょうか。

 

 

 

確実に忠実にファンを増やすアップルのブランド戦略は、商品に注がれているのではなく顧客心理に注がれていると言っても過言ではありません。

 

洗練された製品を一度手にした顧客がもう他の物を手にすることがなくなるよう巧みに緻密にブランド戦略を重ねています。

 

 

 

まず注目したいのが、一貫して変わらないそのデザイン性です。

 

誰もが目にしたことがある「リンゴ」のマークに、誰もが「洗練」されたイメージを抱きます。

 

これを持っていれば間違いがない、そんな気持ちから購買意欲を掻き立てるよう綿密に計算されています。

 

デザインへのこだわりは製品だけでなく、アップルストアの内装や製品パッケージにも現れています。

 

全てにおいて無駄のないデザイン性が万人に受け入れられる、アップルはそこを理解し追求しているのです。

 

 

 

そして一度手にした顧客を魅了するのがその操作性です。

 

アップルの製品は操作において一貫性があり、一度その操作に慣れれば他のアップル製品もすぐに使いこなせる、という利点があります。

 

ですから、デザインから入った顧客がその操作性を認め、さらに他の製品にも興味を示し再購入する、という仕組みを確立しています。

 

 

 

次に、アップルユーザーだけの特典を感じさせるような商品作りが挙げられます。

 

とても使い勝手が良く操作性に優れている「Itune」。

 

Ituneを自宅パソコンで使い音楽を編集したり聴いたりしているユーザーは次第にスマートフォンと連携させたくなります。

 

しかし、ここでリンクできるスマートフォンはiphoneだけ。このように高品質の製品をアップルユーザー専用特典として提供するのです。

 

 

 

アップルが世界でトップで居続けられる理由は他にもありますが、徹底したイメージ作りとモノ作りが勝利の決め手と言えるでしょう。