住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

自転車置き場

車のカーポートなどは車を傷ませないためにも作りますが、自転車の場合はその辺の隅に置いておけばいいのよ、といった感じで、わざわざ作らなかったりします。物置の隅などに入れる場所があればいいのですが、盗難防止のためにも、できれば自転車の収納庫を作ることをおススメします。

 

自転車は意外と場所を取るうえ、家族が何人も自転車を持っていると、1坪タイプの物置では、自転車を2台入れる物置として機能できないという話も聞きます。ある程度の広さが必要なようですから、物置のサイズを決めるときは慎重に決める必要があります。それと、カーポートも物置も固定資産税の対象になるそうです。できれば引き渡し後に設置をした方がお得なようです。

 

近所の3人お子さんがいるお宅では、自転車を入れる物置を作ったのはいいのですが、家の北の端にある物置は玄関からは遠く、子どもたちが面倒がって物置に入れてくれないので、何のために作ったのかわからないと嘆いています。

 

それと、エクステリアのサイクルポートもいくつかありますが、サイクルポートよりも、自転車収納庫や物置の方が雨ざらしにならなくてすみます。エクステリアには、自転車をいれるのに適したタイプの物置がありますから、それを設置するのもお勧めです。

 

マンションなどには、自転車の共用自転車置き場があり、マンションで管理をしているのですが、運営も大変だと言います。自転車置き場を利用できるのは一件に一台と決められていても、年々増加したり、放置自転車も増えるので、その扱いに頭を悩ませているようです。駅の駐輪場などでも放置自転車には困っているのが現実です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市